home>>医学部学士編入学受験記>>戦歴一覧>>02年・戦歴15

 






 

関連リンク

島根大医学部 (元島根医科大)/ 高知大医学部(元高知医科大)

 

サイト内関連リンク

>>高知
02年戦歴5 / 02年戦歴6 / 02年戦歴8 / 02年戦歴10 / 02年戦歴12

>>島根
02年戦歴9 / 02年戦歴11 / 02年戦歴14

 

 

 

次へ(02年戦歴16)

戦歴15:10月2日〜3日(高知医科・島根医科三次発表)

10月 2日

高知医科大学の最終発表です。

前日からかなりドキドキしていました。



高知医科大学は前にも書きましたが、去年も受けていて、去年は3次(最終)で
落ちているのです。
僕の中で、今年こそは!という気持ちがとても強い大学です。


10時のウェブ上の発表を見ました。

結果は不合格でした。



少なからずショックでした。
去年も受けているので、対策と準備はある程度しっかりして、
ちゃんと思い通りやれたとは思っていたのですが・・・。

落ちたものは、仕方ありません。


最終発表を含め、合格者はそこまでの成績全てで判断されます。
つまり、三次試験だけ悪くてもそこまでの学科試験がよければ受かることもあるし、
逆を言えば、三次試験で大逆転を狙おうとしても、学科が足を引っ張ることもあるようです。

僕の場合は、二次試験がネックになったものと思われます。
一次は、自分なりによくできたほうだと思います。
三次は、特別よかったわけじゃないと思いますが、悪くなかったと思います。

ただ、二次はあまり自信がありません。
小論文と英語の勉強が足らなかったのではないでしょうか・・・。
 

どうやら、高知の三次試験は1次、2次とは別立てのようです。
1,2次で選んだメンバーのなかから、
三次はそれ独立で上位5名を選ぶそうです。
これは、愛媛大学を受けたときに一緒になった方から、教わりました。
去年までは、総合で見ていたらしいのですが、
今年からは新しい評価方法に変わったらしいです。
(02年10/9加筆)

10月 3日

3日は、島根医科大学の最終発表でした。

こちらウェブ上での合格発表。


10時ちょっとすぎにUPされたので、見に行ったら、
不合格。



こちらは、少し予想していました。


学科試験が、そこそこ難しくて、しかも次の日が愛媛大学の学科試験ということもあり、
全力が出し切れなかったと思います。

サンホームでのコミュニケーション体験は、問題ないとは思いますが、
面接では、少々あがってしまいました。


2大学ともまとめて、反省は以下のとおり。

 

  1. 総合力での結果が問われるため、一つ一つ全てに全力であたって、
    全部の試験に自分なりに納得する結果が出せるようになっておくことが必要。

     

  2. 日程は、どの受験者も同じなのだから、日程の所為にせず自ら体調とモチベーションを
    整えていくことが大切。






以上。




さて、あとがなくなった。
次の8日、愛媛大学医学部の最終試験が最後の試験になってしまいました。

本来ならば、ここまで来る間に、ひとつくらいは受かっておきたかった。


背水の陣。
しかし、やけっぱちにはならず、感情的にはならず、
自分を出してがんばってこようと思います。




 

次へ(02年戦歴16)

戦歴一覧へ

(C) all rights reserved by Naomoto M.(2003_11/01-)
entrance of this site is here/禁止轉載