home>>医学部学士編入学受験記>>戦歴一覧>>03年・戦歴 24

 






 

関連リンク

愛媛大医学部

 

サイト内関連リンク

03年戦歴22(一次発表)
03年戦歴23(二次試験)

 

サイト内関連リンク

2002年戦歴16
 (愛媛三次試験)
2002年戦歴17
 (愛媛三次発表)

 

 

次へ(03年戦歴25)

戦歴24:愛媛大学二次発表

9月22日

愛媛大学の発表の日です。

毎回のことですが、愛媛大学の発表は当日に掲示板で発表+郵送開始、
次の日にインターネットで期間限定公開という流れです。

しかし、23日が休日であるため、
インターネットでの公開は24日になりました。

 

9月23日


インターネットでの発表より一日前、
午前10時ごろ、郵送による発表が着きました。


結果は合格。


受かりました。

問題が易しめだったので、平均点が高いことが予想され、
少しのミスで、大きく差がでるだろうなと予想していたのですが、
どうやら、ミスはあまり無かったようです。
よかった。



 

9月 24日

インターネットでの発表を見てみると、
合格者は19名。
去年は18人が合格し、6人ずつ3日にわけて3次試験が行われましたが、
今年は、一人増えた19人の受験者を2日で見るようです。

一人当たりの試験時間割り当て(:プレゼン30分)は、
去年と変わりありませんが、一日分、圧縮することの意味はなんでしょう。
大学側が受験者を、短時間内に見て判断する自信が
ついたということでしょうか。
一回のディスカッションに参加する人間の数を
増やしたかったのでしょうか。



さて、2002年の戦歴でも書いたように、
僕は去年も愛媛大学の3次試験までは残りました。
3次試験はディスカッションと自己PRのプレゼンテーションになりますが、
特にプレゼンテーションにおいて、反省点があり
今回は、そのときの経験を活かしていきたいと思っています。


具体的になにをするかは今、考え中ですが、今回のプレゼンテーションのテーマは
「大学は僕に何を求め、僕が医療に何を提供できるか」
ということにしたいと思います。

「経済」というものは、あくまで僕を形作るファクターのひとつとし、
去年のようにメインに据え置くことはやめることにします。


何をやりたいのか、どんな医者になりたいのか。
何ができるのか。

過不足無く、かつ思いっきりぶつけてみたいと思います。
悔いの無いように。




 

次へ(03年戦歴25)

戦歴一覧へ

(C) all rights reserved by Naomoto M.(2003_11/01-)
entrance of this site is here/禁止轉載