受験生のつれづれ日記ログ2003_02

1月へ
3月へ

home>>医学部学士編入学受験記>>受験生のつれづれ日記2003-02

 











 

 

 

受験生のつれづれ日記2003_02

 

2月1日

問題集をやっていると、
(○×年、△△大学出題)
などと、ちいさく書いてある問題がある。

そして、ときどき(○×医科大学出題)と書いてある問題もある。

医科大の問題は、意地でも解く。
そして、ちゃんと完答することが多い。

・・・モチベーションの違いかしら?
 

2月2日

誰か、いい息抜きと気分転換の方法教えてください。
いや、本当に。深刻な問題なんだってば。

 

2月3日

気分転換に、めがねでも買おうかな。
でも、インフルエンザ大流行中に外に出るのも、
リスキーだな。
 

2月4日

短いが、23年の経験からして、人生の中で、
最も欲が湧き出るのは受験期じゃないかと思う。
物欲・睡眠欲・性欲・自己実現欲、自己顕示欲、破壊衝動、自己傷害行動・・・。
想像と妄想が膨らんで、周囲の言動や環境の変化に、一喜一憂。

病気かな?
医者になる前に病気になってちゃ、世話ゎねぇな。


でも、そういや食欲はあんまりわかないな。
「食」が、副交感神経系列だからかな?
でも、性欲もある意味副交感神経か。

わかんねぇや。
オレはまだ医者じゃない。

 

2月5日

気分転換に、買い物に行った。
愛媛大学は面接があるんだ、前期も後期も。
面接用のジャケットを買いに行った。

馬子に着せる衣装はこんなかんじ。
黒のヨツボタンジャケット+ベージュのメンパン。
社会人でもなければ、学生でもない、
就職活動もやったことがない僕は、
冠婚葬祭など、フォーマルな時に着るものってないんだよね。

あ、ちなみに僕の夢がひとつ。

「パーカで外来診察したい。」
スーツやワイシャツの上に、白衣なんか着てるから、
医者ってのは近寄りがたい雰囲気を発するんだと思うんだ。

パーカorジャージね。
白っぽくて、血液が付着したときに、見て識別がつくような服であれば、
あとは、ちゃんと清潔にしてればなんでもいいと思うんだ。


 

2月6日

友人のI島君が、大学院に合格した!!!
おめでとう。

いやー、目標は全く違うけど、
この時期に受験勉強をしている同い年という点で、
お互いに励ましあって、奮起させあってきた彼が
一足先に結果を出しました。

めでたい!!
さあ次は、僕の番だ。

 

2月7日

「もういい!続きは明日頑張るからっ」
って、この1年で何回口にしたかなぁ。



そうそう、2,3日前に出てたけど、
愛媛大学医学部の最終的な倍率は約8倍らしいね。

 

2月8日

ただいま、新企画を考案中。
アイディアはあるんだが、どうすれば面白いかを
ねってるところです。

そんなことしないで勉強しろって?
そうだよね。
でも、勉強しながら、頭のどこかで考えてることだから、
妨げにはなってないはず。

集中して勉強をし、ときに頭を休ませてという
リズムが大切ということにしておいて。
 

2月9日

今日は休んだ。
休養も重要さ。

あったかかったし、カメラを持って散歩に行った。
いい写真が撮れたと思う。
来月の「素直」のトップページ写真は期待しといてや〜!

一日丸ごと休むつもりだったが、
結局、夜には化学の問題集をやり始めてしまった。

つくづく貧乏性だね。
 

2月10日

ちょっと気が早いが、バレンタインのチョコをもらった。
勉強すると疲れるので、パワーをつけるために、
チョコを食べたら、見事酔っ払った。
香り付けにブランデーか、ウイスキーが入っていて、
それにやられたらしい。
スカッっと寝てしまった。

その後、また勉強したからいいんだけどさ。

ある意味、よい休憩になったかも。
 

2月11日

さあって、あと2週間。


2週間?
14日?
ん??





うをーーーーーーーっ!!!!!!

 

2月12日

そろそろ、夜型から朝型へと、
生活リズムを直していかねばならんな。
この日記を書くころは、いつもAM1時過ぎなんだよね。

朝に「通勤」とか、「通学」とかのリズムの起点となるものが無くて
だらだらと一日が始まってるから、
リズムを直そうにも、なかなか直らないんだよね。
直さなきゃ。

とかいいつつ、今日もすでにAM1時半。
明日からは早く寝よう。

 

2月13日


僕は毎日、人を殺している。








最近、集中力の低下が著しい。
記憶力とか落ちている気がする。
さっき自分で書いたノートを何度も見直したり、
単位や、小数点のつまらない計算ミスしたり・・・。
まぁ、試験が迫ってきて、あせってるのかもしれないが。

ところで、アンモニアって気軽に
化学の教科書や参考書にいっぱいでてくる、NHってやつ、
あれって、人体に有害毒物なのだよ。
血中に0.005%あるだけで、致死量なんだ。

人間の血液が5Lくらいだとして、それが5Kgだとすると、
0.005%は0.25g
アンモニアの分子量が14+1*3で17.
17gが1mol
つまり、アンモニア致死量は0.01molくらいだ。


化学の問題の解答で、うっかり計算ミスで
小数点をひとつ間違えれば、
または、「あー、2で割るのを忘れてた、3モルじゃなくて1.5モルかぁ」
なんてことがあったら、
150人から300人を殺せるだけの数量を間違えていることになる。


こんな、うっかりさんが医者に本当に向いているのだろうか?


僕は、毎日計算ミスで、数え切れないほどの人を殺している。

集中せねば。
 

 

2月14日

来ました!
受験票が来ました!

えーっと、詳しくは本編で。


 

 

2月15日

この日記だれかよんでんのかな?

まあ、いい。

どこかで自分の役に立つだろう。
もしかしたら、誰かの役に立つかもしれない。

 

 

2月16日

今日は、祖父の一周忌だった。
八王子郊外のお寺の本堂は寒かった。

一周忌の法事に一日使ったので、
一分も勉強できなかった。


この一日を意味のあるものにするために、
疲れた体を、利用して、早めに寝ることにする。
現在、21時。もう寝る用意完璧。

一気に朝型へ転換しようという目論見。

 

2月17日

風呂が長い。

からすの行水と讃えられた僕の風呂が最近長い。

というか、風呂に安らぎを感じている。
これは、かなり久しい感覚だ。

疲れてんだなぁ、俺と確認するひと時。
 

2月18日



2月18日の日記はあまりに問題のある発言だっため、
後悔ののち、自主的に消しました。
ご了承ください。

アップされていた、ほんの2時間の間に、
文章を見た人は、忘れてください。
お願いします。

 

 

2月19日

あー、ほんとに日がないね。
出発の用意とかしないといけないんだろうね。

朝型になりきってないなぁ。

今日は、飛行機の予約をした。
余裕を見た予定を組んだ。
帰りに道後温泉にでも寄ってくるか。

 

 

2月20日

今日は朝6時に目覚ましかけて、7時に起きた。
活動を開始したのは8時30分。
朝型になりきっておらず。

これは、死活問題だ。
今日こそ、もう寝る。
明日こそ、ちゃんと起きる。

うほ。
 

 

2月21日

有機化学大好き。
アミノ酸、たんぱく質、糖、脂肪。

好きこそモノの上手なれ。


課題は数学也。
 

 

2月22日

泣いても笑っても、
実質的に勉強できるのは、
残り、明日一日だ。


どうせなら、笑うべ。

 

 

2月23日

TIME UP!!
普通なら、そう言うべな。


「センター試験終了後から始めて、
物理2と化学2と、ほぼ始めて触る数学3を
ある程度のレベルまで習得しなさい」

そんな指令が下ったときにゃ、
期限がきたときの気持ちはTIME UP!
なんだろうな。


でも、今は、そんな気分じゃない。
自分で言うのもなんだが、まぁ、そこそこまで来たと思う。

体調も、精神状態も、大きく崩すこともなくここまで来たのは、
すごくいいことだ。
よくやった、俺。
グッジョブ、俺。
と、同時に、応援してくれる家族、友人にも感謝だ。


後は、結果だ。

この日記を、「受験生のつれづれ日記」から
「医学生のつれづれ日記」にしよう。
ぜひとも。


明日、11:10分の飛行機で愛媛へ行きます。
応援メッセージは携帯によろしくぅ〜☆(笑)

 

 

2月27日

「つれづれ日記」とか、言いながら
結構ちゃんとつけてたこの日記。
外泊+さぼりにより、3日ほど飛びました。

今日は、一日のんびりしました。
趣味のHP作りに励みました。
明日から、後期試験用の勉強を始める予定です。

後期試験は、英語の論文かエッセイ(多分医療か倫理関係)を読んで、
それについて、日本語で答えるタイプの小論文です。
学士入学に多くあるパターンなので、有利かな?

まぁ、前期で受かってれば有利も、不利もないんだが。

 

 

過去日記インデックス
2003年
1月/ 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月  / 9月 / 10月 / 11月 / 12月

2004年
1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 /
12月〜2005年3月

医学部学士編入学受験記にもどる
homeにもどる

(C) all rights reserved by Naomoto M.(2003_11/01-)
entrance of this site is here/禁止轉載