僕が医師になるまでの72ヶ月。
05年6月へ
05年8月へ

home>>Report / 医大潜入レポ>>僕が医師になるまでの72ヶ月。05年7月

 






 

 

 

僕が医師になるまでの72ヶ月。2005_07

05_07/02◇僕は、あと1.3時間!


あーすぃ−とぅぁーはー
ぅおーふぅーどぅあぁぁぁぁぁあぁぁっぁあー


(明日はOffだ。)



とっても久しぶりに、明日は予定と言うものがありません。
いや、やっておいた方がいいことは、山ほどあるのですが、
とりあえず、手帳の7月3日の欄は空欄です。
ペラペラと手帳をさかのぼると、実に5月15日以来、1ヵ月半ぶりのオフ。


さて、何をしよう・・・。
買い物にでもいこうかしら?(試験前のこのお方と同様に。)
髪の毛でも切りに行こうかしら。

あ、関係ない小話なんですが、
医学部生は髪の毛を切るタイミングが、かなりの確率でそろいます。
特に男は、みんな同じ日に床屋に行く傾向にあります。

なぜなら、みんな同じスケジュールで動いているからです。
そして忙しいため、スケジュール的に、切りに行くタイミングはここしかない!
という状況に、みんながなってくるわけです。

これは学年や、班や、部活など、共有している時間が多ければ多いほど、
揃う傾向にあり、医学部コミュニティは非常に狭いので、
更に、かなり高い確率が発生するのです。



話はもどって、明日の予定なんですが、
結局、とりあえずは、寝ると思う。
爆撃的睡眠。
最近、本当に寝てないから、寝ておかないとね。

と思っていたら、こんな記事を発見。




ちなみに、僕の今週の平日の平均睡眠時間は、
(3+5+3+6+4.5)/5=4.3時間。


統計的には、10時間以上と3時間以下の睡眠は、平均余命を縮めるそうなんで、
みなさんもご注意を。

05_07/03◇ずーん



ということで、オフですよ、直基君。
とりあえず寝ました。睡眠時間はいつもの約2倍。(当社比)


腰が痛くなるほど寝て、起きて、活動を開始。
まず始めにしたことは、自転車の修理依頼。
(参照:5月27日
やっと、自転車屋に行く時間ができたのはいいんだけれど、
行く途中、自転車屋のなかでも、
事故の日のことを思い出して、気分がずーん。
その修理代金にも、ずーん。
はぁ。


せっかくのオフ、楽しいこともやろうと思い、丸井のバーゲンに特攻!
ところが、人の多さに気分がずーん。(人ごみ苦手の人です、僕)
そして、帰ろうと思った頃に雨が降ってきて、傘を持ち歩かない僕は、
濡れながらチャリンコ飛ばして帰宅。
ふぅ。


まぁ、勉強しなかっただけ、休まったかなとおもってたんだけど、
結局、夜には、なんとなく減数分裂を学び始めましたとさ。
キアズマ!!!








(補足:キアズマとは二価染色体が対合した際にできる架橋構造のこと)

 

 

○今日気になったニュース○
不合格:理由は年齢?55歳主婦、群馬大を提訴キャッシュ
MSN-Mainichi INTERACTIVE


敢えて、事実がどうなのかとか、問題性とかは口にしない。
今の僕の立場で、感想だけ述べるとすると、色々な気持ちが混じってきてケイオスを生じてしまうので。

けれど、こうゆうこともあるのだ、ということで、ピックアップ。
 



05_07/08◇カレーパワー。


今日は授業がのんびり。

長め昼休みをとれたので、ふらっと、近くの町まででました。
ひとりのんびり散歩なんて、優雅な大学生みたいな。


腹が減ったので、昼食にこんなものを食べました。

スープカレー@松屋。


これがさぁ、辛い

うまいって評判だったので、ちと期待してたんだけど、
カレーはすきなのだが、ここまで辛くなくてもいいでしょう?と思うくらい辛かった。

もともと辛いのが苦手っていうのはあるんだけど、
それにしても、カレーの味とか、全くわからんほど、「辛い」という印象しか残らなかった。




あまりに辛かったので、そのまま献血に行った。
松屋の近くに献血ルームがあったので、衝動的に献血。



 人生初献血。



お見苦しい画像ですみません、手前の赤いのが献血手帳。左上のが僕の左腕です。





前日3.5時間しか寝てないといったら、
大丈夫か?と何度も聞かれ、けっこうしぶられたけど、
「やります、やらせてください」とゴリ押し。
自分でも、理由がわからないけど400mlに固執。(カレーパワー)

結局やったんだけど、初めてと、太い針に緊張したのもあったのか、
血液の出があまりよくないらしくて、
かなり吸引された。
そして案の定、ちとふらふらした。
初めての献血で、400mlはやりすぎなのかな?


そして、今日の僕の血液には、いろんなスパイスが混入されていると思うんだけど、
それはいいのかな?

05_07/14◇疲労と会話と赤血球



大学は
 テストがなければ
  パラダイス(字余り。)



それでなくても忙しいのに、テストなどというものがあるから、
最近は大変なことになっている。

ある種、お祭り騒ぎ。
そして、疲労が蓄積しております。

入学してまだ、半年もたっていないというのに、
この疲れ具合はまずいと判断し、
学校の帰り道に、地元の友達を呼び出して、少し話をした。

他愛のない話から、すこしマジメな話まで、
小一時間のカンバセーションで、若干テンションを回復。

一歩外に出て、外からものを見るというのは、重要な視点だと感じた。
特に、狭い学内に閉じこもりがちの社会だから。





 関係ないけれど、先日の献血の結果が郵送されてきた。
というのも、献血をするにあたって、血液成分も調べるので、
その結果をドナー側にフィードバックするシステムがあるらしいので、利用したのだ。



結果はタンパク質濃度、コレステロールなどほぼ異常なし、
ただし赤血球が若干少なめ。
そういえば、ときどき立ちくらむ。

レバーでも食うか。



05_07/28◇W.B.







買った。

 

 

高尚な動機付けも、思想もなくて、なんとなく買ったんだけど、
それでも人が助かるかもしれないと思うと、
なんか、後ろめたさ半分、うれしさ半分。
 

 

 



 

05_07/30◇あつがり


 これや、


 これとか、


最近、こんなんばっか貼ってあるサイトでごめんなさい。





でももう一個貼らせて。

これを。

今年は、8月10日です。



ものごとを為すには、大きな視点と小さな視点の両方からアプローチするべきだというのが、
僕の持論です。


僕の場合、医療に携わりたい、
日本の医療に何かできることはないか?と思ったときに、
経済という大きな視点と、臨床医という患者に近い小さな視点で、
自分にできることを探すことになりました。

そして、個人的には「小さな視点サイド」の人間として、生きる方が好きみたいです。
これはもう、志向、嗜好、好みの問題。


ということで、「小さなことからコツコツと」が嫌いでない僕は、
 こういった、草の根努力に共感を覚えてしまうのですよ。

ちなみに、新宿でよく見かける、使用用途がよくわからない寄付や募金の類には、
全く惹かれない、どころか嫌悪感しか沸かないのですけどね。
だって、おおよそ集金する根拠の、整合性がない。
使用用途とそれによって得られた費用対効果の結果を、貸借対照表よろしく貼り出してくれればちょっとは考えようカナとも思えるけれど。

その点、この はえらいですよ。
毎年続けてるし、サーモグラフィを用いて科学的に根拠を示すし。
応援してみようかな、っていう気分にさせる。


つーことで、今年は8月10日、正午です。
みなさん、手帳に_φ(・_・") メモメモ。






今日のまとめ。

 直基君は、暑いのが嫌い。



 

 

 


 

<一覧>

Reportにもどる
homeにもどる

(C) all rights reserved by Naomoto M.(2003_11/01-)
entrance of this site is here/禁止轉載