僕が医師になるまでの72ヶ月。
05年9月へ
05年11月へ

home>>Report / 医大潜入レポ>>僕が医師になるまでの72ヶ月。05年10月

 






 

 

 

僕が医師になるまでの72ヶ月。2005_10

05_10/01◇変化球メガネxN(Nは自然数)

新しいメガネを買いました。
普段、基本的にはコンタクトレンズを使用しているわたくしですが、
ドライアイのせいで、あまり長時間の連続装用は大変負担でして、
何も無い時は、基本的にメガネで暮らしております。

そんな直基さんのメガネの趣味は、一風変わっておりまして、
いわゆる、「普通」のメガネではないのです。
ちなみに今回も、変化球チックなメガネを購入しました。
今回のテーマは、「新学期からの新しいワタシ」
ネット上に顔を出さないと決めているので、どんなメガネか紹介できなくて残念です。

それはそうと、机の引き出し(メガネ入れ)を眺めると、メガネの所持数が結構多くなってきました。全部で9つのメガネを、度数と疲労度と状況によって使いわけております。

特に医学部受験を決めてからは、
近視が進んだことにより度があわなくなって買いなおすこと、5回。
まともに勉強すると、目って悪くなるんだなぁと感じました。

医学部受験を決めるまで、いかに、勉強してなかったかバレたとも言う。

 

05_10/初旬◇いきなり



新学期、いきなり、超多忙。



更新がコンスタントになるまでは、少々時間がかかる模様。


 

05_10/中旬◇まだまだ



やっぱり超多忙でして、
更新がコンスタントになるのは、
早くて来週とか。



そんなときに限ってネタになるようなことが色々起こるんですよ、ダンナ。
でも、時間がないからかけない。

ストレスっ!



だけど、一言だけ報告しておきます。


メアドゲットしますた。(参照
 

05_10/17◇おひさー。


ども!
大幅に更新をサボっていた間、
みんなは元気に過ごしていたかなぁ?(体操のお兄さん風)

僕は、超絶多忙だったよぉ?
どれくらい多忙だったかというと、
ファミレスで勉強して、とくに何もしていないのに、
つーーーーーーーーっと、鼻血が自然出血するくらいだよぉ?

ちなみに、エロいことを考えていたわけではないです。
僕がエロいことを考えていたらならば、鼻血ではすみません。
えぇ、真性のムッツリエロですから。

ということで、こうして更新しているということは、
超絶多忙時期をやっとこさ抜け出したということです。
鼻血もとまったということです。

これからは、もう少しコンスタントに更新します(断言←だいじょうぶか?



さて、このマエフリとは全然関係ないんですけど、
諸事情により、キャノンのEOS7を手に入れました。

EOS7とは、プロ用の第1級品ではないものの、
素人にはかなりよさげな、一眼レフカメラです。
今まで使っていたのは、T70という、20年も前のカメラ。

これにより、最近、本当に怠けている写真コンテンツを
もうちょっと拡張したいなと思っています。

このEOSは、EFレンズっていうオートフォーカスレンズ(自動焦点あわせ)をしてくれるレンズを採用しているんだけど、
いままで使っていた、T70のFDレンズっていうマニュアルフォーカスレンズより、
若干やわらかくなっちゃって、カチっとした写真は取れないんだけどね。

でも、天下のEOS7.
楽しんで使おうと思います。





あーそうそう、

左のカラムでやっているmini voteで、
医学部生のイメージアンケートをやってるんだけど、基本的に悪いイメージしかなくて、
ちょいへこみ(苦笑)

ちなみに僕が、医大に入る前に持っていた医学部生のイメージは、
・頭の回転がはやい。
・体力勝負
・医者の息子(or娘)

の3つかな。

今は、だいぶかわったけど。


05_10/20◇dynamite out


東京事変のdynamite outというDVDを買った。
ライブDVD。
すげぇいい。




もともと、そんなの目指してないんだろうけど、
演奏が超絶うまいとか、そうゆうバンドじゃない。
でも、よかった。

実力や技術は、とりあえず押さえた上で、
舞台に立つ人、特にヴォーカルだとか、主役だとかに必要なのは、
絶対的な存在感だろうと感じました。

その点、椎名林檎に不足は皆無。
ド迫力。
そして、可愛くてセクシー。

あと、演奏する人がどれだけ楽しむかってことも重要よね。
ライブがやりたいなと思いました。


05_10/24◇しみじみ思う。




家で勉強すると、なんでこんなに進まないんだろう。




 

今日の一枚。

"ソルファ"
/ASIAN KUNG-FU GENERATION



1. 振動覚
2. リライト
3. 君の街まで
4. マイワールド
5. 夜の向こう
6. ラストシーン
7. サイレン
8. Re:Re:
9. 24時
10. 真夜中と真昼の夢
11. 海岸通り
12. ループ&ループ

友人に借りたCDがイマイチ気に入らなかったとき、
なんて感想を述べて返せばいいのかな?っていうのを考えさせられるアルバム。



・・・だなぁと、思っていたんだけど、繰り返して聞いているうちに、だんだん良くなってきた。
相変わらずの勢い最重要視ギターロック。メロディが数パターンしかないのはご愛嬌。
ドラムがだいぶ上達してて、ちょっとつまんない。
なんかこう、あぶなっかしいのがよかったのに。
おすすめは2,8,9.


>>ソルファをamazonで購入
本日の一枚のlogはこちら>>ハンパレ!!
 


 

05_10/27◇しみじみ思うのさ。


自分には、
どんなにつらくても、支えてくれる友達がいて、

自分がどんなに情けないときも、認めてくれて応援してくれる友達がいて、

そうゆう友達に、ありがとうを言えて、

幸せだと思う。
 


05_10/30◇危険思想。


結局10月には一日も休みがなかったという罠。

-----


ちょっと前に、mini vote
医学部生のイメージ調査っていうのをやって、
その中で、「超多忙」っていう回答があったけど、
僕は多分、現在の段階でトップクラスの超多忙をやってます。
しかも、自らすすんで。

自分で言うのもなんだが、頑張ってるのです。勉強を。
頑張らにゃおいてかれるという恐怖感を根っこに抱えながら、
頑張らにゃらんなという使命感を持って、
頑張りたいという欲望を原動力に。
そして勉強も楽しいし。つらいけど。





グチみたいになっちゃうけどね、大学には、やっぱりいろいろな人はいるんです。
勉強してる人もいれば、部活にいのちをかけてる人もいれば、
ストレスで田舎に帰っちゃった人もいる。

遊んじゃって学校来ない人もいる。
授業、マジメに受けてない人もいる。
実際、傍目で見て「この人大丈夫かなぁ?」って思うことも多い。

勉強しないで、なんとかギリギリで乗り越えていっても、
試験をパスしたら医者になれるんだ、多分。
勉強しないで、その分の時間を使って、人生を謳歌して
ステキな人間になってから、医師としての実力をつけても、
別にかまわないんだろうけどね。

僕には、そんな宿題を最後まで残すようなやり方、できない。
そんな回り道はできないし。


大学は自分を鍛えるところだと思うんだ。
色んな意味で。

僕は、尊敬する友達が、大学や大学院で頑張って一つのことに打ち込んで行く中で、
人間的にすごく大きくなったのをみて、すごくうらやましくて、(そのころまだ受験生だった)
大学に入ったら、絶対頑張ろうと決めてた。

だから、そうおもうのかもしれないけれど、大学、とくに医学部は、
入ることが「選別」ではなくて、入ってからの学習期間が「選別」であるべきだと思うんだ。

「医学部に入れたら、それだけで医者になれると思うな。」
そんな風潮や制度にはならんもんかなと思う。
もっと、ガツガツ留年や退学者をだしちゃえばいいのに。
そっちの方が患者さんのためにもなるんじゃないかな。切磋琢磨。


でも、勉強ばっかりしてて、思考や志向が凝り固まってしまうのも、どうかとも思う。
広い視野も必要。
ニュースも全然知らなくて、テレビもほとんど見ない自分に心配になったりもする。
その辺、難しい。

思考回路が、もうオヤジくさくていかんね。

 


 



<一覧>

Reportにもどる
homeにもどる

(C) all rights reserved by Naomoto M.(2003_11/01-)
entrance of this site is here/禁止轉載