僕が医師になるまでの72ヶ月。
05年10月へ
05年12月へ

home>>Report / 医大潜入レポ>>僕が医師になるまでの72ヶ月。05年11月

 






 

 

 

僕が医師になるまでの72ヶ月。2005_11

05_11/02◇自習


2回続けて勉強の話題でゴメン。

-----

自習をしている。
自ら(みずから)習うと書いて、自習。


授業の内容は、僕にとっては、
ときどきえらく簡単で、頻繁に理解不能になる。
知識に偏りがあるということだ。

その辺を補うべく、自習をしている。
主に復習。


自習をしていると、たいていのことはわかる。
授業でちんぷんかんぷんだったことも、
じっくり時間をかけて、教科書やら参考資料やらを読めば、
理解が及ばないものは、いまのとこ、ない。

授業は時間が決まってて、その中で大量にある学ぶべきことを、
てんこ盛りにするから、結局、本質的な理解がないままに、先に進んでしまう。
大人数で行う授業だから、個人のことは気にしていられないということもあるかもしれない。

時間がかかるのは、僕の頭があまりデキが良くないからだという事実は、
とりあえず棚上げにしといて。


それで気づいたのだが、自習はかなり有効だ。
復習が特に。
(みずか)ら、能動的に学習意欲にまかせて学をするときの理解度は、
どんなに優秀な教員の講義よりも質の高いものになるだろう。
内容が自然と頭に入ってくる気がする。
上から下へと、知識をつみおろしている講義とは、違って、
然に得する。


だから、自習。
ダブルミーニングなのかも。

05_11/03◇鈴木さん(仮名)


今日は祝日だが、僕は学校へ行く。
有志で勉強会を開いている。

「会」といっても、しばりがあるわけではなく、
仲の良いメンツで勉強でもしようかという、
予備校の自習室の気楽なバージョン程度なのだが。
大学に申請をだして、部屋を一つ抑えて、
休日はそこを利用している。




夕方、雲が厚く、少し早めに外が暗くなってきて、
寒そうな風が吹いている様子が、窓ガラス越しに見えていた頃、
突然、放送が入った。


『××号室に入院されている、鈴木様のご家族の方、至急病室の方へお戻りください。』

前触れのチャイムもなく、いきなり男の人の声で入った放送は、
切羽詰った感じを押し殺した無機質な早口だった。

いきなり入った放送にかなりビクっとした。
その後、重い空気が部屋に流れた。



耐え切れず僕が口を開いて、
「なんとなくいやだね、病院の緊急呼び出しは。いろんなことを想像してしまうよ」






しばらく、沈黙とシャープペンシルが文字を書く音が続いたあと、
「いや、わからないよ。
もしかしたら、昏睡状態だった鈴木さんが目覚めたのかもしれないし。」

と、友達の一言。





きっとそんなことでは緊急放送はしないだろうが、そうかもしれない、
いやきっとそうだろうと思うことにした。




鈴木さんの家族が大喜びしていることを想像しながら、今日は寝ます。
おやすみなさい。

05_11/04◇ねぇ

ねぇ、金曜の夜だというのに。
日付が変わって、1時間半が過ぎたというのに、
データ整理が終わらないよ?
ねぇ、終わってないよ?


ねぇ、ねぇ、

ねぇ、たぶんこれナチュラル・ハイっていうやつだよ。


眠いのにねむくなーい。

05_11/06◇ふってわいた

にゃんと!(なんと!)
今日はこの時間(午後16時)に家におります。
胸囲!(驚異!)


10月に学校が始まって、11月の中旬まで休みがないことがわかっていたです。
今日も朝6時半からの予定があって、夕方〜夜くらいまでかかることを覚悟していたのですが、
思いのほか仕事がはやく終わったので、
昼ごろに、家に帰ってこれてしまったのです。

しかも、夜までかかることを予想していたため、
勉強のための一揃いが、全て手元にないのです。
よって、一週間はやく降って沸いたうぉおぉぉっっふ(オフ)


よっしゃ、ちょいと街まで買い物にでも行くか!
とりあえず、遊びに行ってきます!











と、おもってたんだけど、雨が降ってきたので、
出るのが億劫になって家でだらだらしております。




あーあ。








05_11/11◇一年に一度はやる



寒いから暖まろうとおもって買った紅茶。

自動販売機のボタンを間違えて、

「COLD」を押してしまったとき以上の悲しさを、

僕は知らない。






寒さに震える今朝、8時半のデキゴト。

 

05_11/18◇ぶらんにゅーどら

今週は日曜の夜に徹夜して、
そのまま月曜の朝に睡眠時間ゼロで登校という
のっけからテンション超低空飛行から入ったのですが、
なんとか乗り越えてトゥディ・イズ・フライディ。

なんともいえない達成感は、
やりとげた嬉しさなどという陽なものではなく、
なんとか生き延びることができた、こなすことができたという、どちらかというと陰なもの。


そして、本当にこなすことができたのか?
ということを振り返ってみれば、
手帳には積み残したやるべきタスクがずらりと羅列。

んー。




身体をいたわって、早めに帰ってきたのはいいけれど、
初めて聞いたブランニュー・ドラえもん&のび太君の声の違和感に、
顔を引きつらせて、更にどっさり疲れてみたりした、
そんなトゥディ・イズ・フライディ。




トゥモロゥ・イズ・サタディ。

05_11/19◇カフカ


朝、はずし忘れた目覚ましで、
休日にあるまじき時間に叩き起こされ、
そのまま勉強しようかと一瞬思って、すぐあきらめた。
二度寝の背徳感が休日を思わせて、気持ちよかった。



午前中はインフルエンザの予防接種に、近くの病院へ。
タミフルはなんだか、怪しい雰囲気がでてるし、
鳥インフルエンザも人に罹るらしいし、
日々、こんだけ忙しいなか、インフルエンザもらったら、
一巻の終わりかと思って。
病院が意外に混んでいて、午前中がまるまるつぶれたけれど、
待合室でがっつり眠る。ある意味、休めてよかった。



午後から、図書館で自習。
外、すごく晴れてて、なんでこんなことやってんのかな?と3分に1度くらい思ってたけど、
そのうちに、とても勉強に集中し始めて、かなり充実した時間が過ぎた。



土曜だということを忘れてて、予定より早く図書館を追い出されたけれど、
帰り道に入ったことの無いファミレスを発見。
入ってみたら静かで勉強してても問題が無くて、それはそれでひとつ思わぬ収穫。






可でもなく、不可でもなく、というよりは、
不可があって、可もあって、一日過ぎて、
まぁこんなもんかなと、別にうまいとも感じないボジョレー・ヌーヴォーを、
いたって普通のグラスで飲みながら、パソコンに向かう。
休日らしい休日だった。







・・・予防接種した日は、お酒を飲んではいけないということに、
今気づいたけどもう遅い。

05_11/22◇一句

 

朝7時

3℃を示す

温度計



詠み人:直基
撮影:直基
季語:3℃

05_11/25◇たまひよ


僕の友達で、今度初めて、母親になる人がいる。
しばらく会っていないのだけれど、
時々携帯のメールをやりとりする人だ。
内容はいつだって、天気の話や、近況報告や、と瑣末なことばかり。


今日は何の気なしに
「寒いねぇ」
みたいなメールのやりとりをしていたら、

「寒いー(>_<) 4ヶ月にはいったよー。」


と言ってきた。
妊娠4ヶ月という意味。


4ヶ月。
十月十日というから、もう少しで折り返し地点。
今、赤ちゃんはどんな感じなんだろう?
男か、女か判別できるのだろうか?
大きさはどれくらいなんだろう?
などと考えていたら、ワクワクしてきて、こんなメールを返した。

「そかー、もうそんなかぁ。ワクワクするね。
今、どんな感じなんだろう?図書館に行って調べてみるね。」

20時を過ぎていたが、学校で自習とかをしていたため、図書館のすぐそばにいた。
休憩ついでに図書館に行って、必要な本を調べた後、
発生学と産科学の棚に立ち寄り、いくつかの本を借りてみた。



借りてきて、自分の席に戻り、本を開いて読んでいるうちに、
あんなにワクワクしていた気分が、どこかへ飛んでいってしまった。

発生学の本には、難解な文章のあとに、様々な奇形の症例が写真入りで、
産科学の本には、妊娠の時期の順に並べた胎児の病気の例と、流産の例が、
山のように並べてあった。

医学部の図書館に行って、医学書を借りてきた僕が悪いのはわかっている。
でも、僕が期待したのは、今ごろどんな形の赤ちゃんが、おなかの中で光を待っているのだろうということを想像する材料だったため、あまりのギャップにヘコんでしまった。

そして、その奇形や流産やらの症例のひとつひとつ、
小さな小さな体なのに異常を抱えて、亡くなってしまった赤ちゃんの写真などを見ていると、
悲しいを通り越して、怖くなって冷たくなった。
いわゆる「普通」に生まれてくることって、
本当はすごく稀で大変なことなんだろうなと思い始めた。



そんなこと思いはじめていたころに、彼女からまたメールの返信が来た。

「4ヶ月はねぇ、たまごくらぶ(*)によると、背骨ができるくらいらしいよ〜。」



このウキウキしたメールに、適当な返信が思いつかなかった。
作り笑顔の返信ができなかった。




無事に生まれてくれと願うばかりだ。






たまごくらぶ:http://women.benesse.ne.jp/tamahiyo/magazine/tamago.htm

05_11/27◇日曜日



日曜の夜くらい、飲んだっていいじゃないかー!!!







・・・・・ごめん、うそついた。平日も結構飲んでる。




ということで、今日は日曜日らしい日曜日(休日)。
多分今年最後の、日曜日らしい日曜日(休日)。

本日のレシピはですね、
・起床:8時
・買い物:こまごまと。
・勉強(少々)
・サントリーダイエット:350ml

となっております。
以上の材料により、とっても滑らかな舌触りを堪能した日曜日でありました。
(その分、明日からの激務が控えていることには、目を瞑るのがよろしいかと。)



年末はさすがに、日曜日でなくても時間がつくれそうだけど、
年明けたら、多分2月まで忙しい。
なんとか生き抜く息を抜く方法をみつけなきゃ。


 


 



<一覧>

Reportにもどる
homeにもどる

(C) all rights reserved by Naomoto M.(2003_11/01-)
entrance of this site is here/禁止轉載