僕が医師になるまでの72ヶ月。
06年1月へ
06年3月へ

home>>Report / 医大潜入レポ>>僕が医師になるまでの72ヶ月。06年2月

 






 

 

 

僕が医師になるまでの72ヶ月。2006_02

06_02/06◇テスト終了。


去年の今頃、大学に入ることが決まった。
やっと新天地をみつけ、
安穏の地を得たかに見えて、新しい世界は、想像してた以上の忙しさだった。

その新天地の一年も、先日学年末テストを乗り越えて、ひと段落。



一年間の感想は「追い立てられる。」

片側から崩れ落ちゆく橋の真ん中にいて、
背中に瓦解の爆音を背負って、対岸へと全力疾走の気分。

踏み外したら
瓦解に巻き込まれたら
即、留年。


スリリングすぎる。






でもこのかけっこに参加出来てるだけで
僕は幸せ者なんだ。


去年までやってた参加権を得るための、人生をかけてたかけっこに比べれば。


頑張れ受験生。
僕も頑張るから。




06_02/14◇ファイヴ




テストが終わってですね、ヒマなんです。

なんていうのかな、無責任な休暇ってのは、本当に久しぶりなのですよ。
去年つまり今年度の夏も、テストを控えての夏休みだったわけで、
よく考えると、前の大学の3年生の時の夏休み以来かなと。

テスト終わって、「よし、遊ぶぞ。」と、心に決めまして、





 とりあえず、ドラクエV





 しかもスーパーファミコン版








 ブックオフで350円。





ドラクエはVが一番面白いと思うんですよ。

Vも好きだけど、お話として楽しめるのは、Vだと思うんです。
一度読んだけど、内容をすっかり忘れた小説を読むように、カリマー君を育てます。
(カリマーとは、僕が主人公につけた名前です。由来→karrimor














  終わりました。(所要時間3日)










で、やっぱりヒマに逆戻りです。



あしたから、勉強に戻ります。

06_02/17◇一方でも試験とか

テストが終わってヒマとか、抜かしている1年生がいる一方で、
6年生は、今、国家試験への追い込みをしていらっしゃる段階です。

つーか、追い込みとかじゃないな。
試験が、18,19,20日、つまり明日から。

頑張ってください。

6年後には、僕も受けねばならない。
それまで体や心がもっているだろうか・・。

まぁ、多分大丈夫だろう。多分。

06_02/22◇シックス


ファイヴが終わったんだから、次は・・・・・



ということで、



 
ファイナルファンタジー6.(やっぱりスーパーファミコン版)




ヒマに任せて、やりまくっております。
ファイナルファンタジーは、5〜10までやったけど、6と7が一番のめりこんだかも。
お話として。

魔大陸でシャドウを助けたことがないので、それにもトライしたいところです。

6は、FF初期から続いていた戦闘画面のパターンを踏襲した最後の作品なんですよね。

 こうゆうカタチのやつ。









         ↑
崩れ行くケフカ (ラスボス)
















ということで、またも終了。
(総プレイ時間40時間ちょい/5日)




今度こそ、勉強に戻ります。

 



06_02/24◇友



僕が卒業した高校は、いわゆる進学校だったのだが、
僕のクラスは、今から考えると周りから浮いていた。


実際、同窓生には妙な連中が多い。
妙というと、語弊があるな。
ごく一般とされる、進学校の卒業生がたどる道をたどっている人が少ないということだ。
もちろん、すごく優秀な連中もいて、日々頑張ってる。


僕の同窓生には、音大に進んだ人間が複数いる。
芸術系の大学に進むことなんて、並大抵の才能じゃないと認識しているのは、
僕だけなのかもしれないのだが、それが何人もいる。(進学校のハズ・・)
そしてそれぞれ、目指すものを見つけて頑張っている。

日本で一番とされる大学の、大学院に在籍しながら、
フランス、メキシコと長期滞在留学をしている人がいる。

大学を出て、夢を見つけて資格試験に頑張っている人がいる。

大学を出て、職に就いたがすっぱり辞めて、単身、北京に留学した人がいる。

大学を出て、普通に就職すると見せかけて、タイまですっ飛んで行って先生やった人がいる。


大学を出て、医大に入りなおしたバカもいる。




そして、先日、一人、また夢の実現の足がかりをつかんだ人がいる。
それは「青年海外協力隊」への入隊合格。

知らなかったんだけど、コレ、結構高い倍率なのね。
研修が終わった後は、インドネシアに派遣されるらしい。







みんなそれぞれの道で、本当に頑張っている。

そんなみんなと、これからも連絡をとりあって刺激しあえる友でありたいと思う。
たまに会ったときには、胸を張って
「僕も頑張ってるよ」と言える、そんな自分であり続けたいと思う。

 



 



<一覧>

Reportにもどる
homeにもどる

(C) all rights reserved by Naomoto M.(2003_11/01-)
entrance of this site is here/禁止轉載