僕が医師になるまでの72ヶ月。
06年5月へ
06年7月へ

home>>Report / 医大潜入レポ>>僕が医師になるまでの72ヶ月。06年6月

 






 

 

 

僕が医師になるまでの72ヶ月。2006_06

06_06/04◇三単現



吉祥寺に散歩に行ったんです。

吉祥寺だけじゃなくて、いっぱいあるのだが、
女の子の洋服屋で


 (ドゥファミリー)
ってのがあるじゃないですか。

参照:DO!FAMILY (ドゥファミリィ)

これが、活用形を色々持ってたら、どうなんだろうってよく通りがかりに思ってたんです。





<その1>

→新しい求婚の仕方。







<その2>

→もうすでに家族になりました。






<その3>

→ちょっと他人行儀な家庭。








<その4>

→昔はね、うん、ほら家族だったんだ。



06_06/08◇10000hit






ということでね、10000hit
イチローが日米通算2500本目のヒットを、打った今日、
私のishimichi.netは10000本目のヒットを記録しました。
数では勝った!!!
(↑大間違い)




しかし、本当に感謝です。
ショージキ、たどり着けると思ってなかった。
たどり着いてもあと1年後くらいに到達できるポイントかなと思ってた。
予想を上回るヒット数。
と、それが呼び起こす更新意欲(←最近停滞気味?)
これからも頑張ります。


何を頑張る?
なんだろう?






とりあえず、今と変わらぬ自分であり続けることを。
とりあえず、前へ変わり続ける自分であることを。





そして、100万ヒットまで、あと99万。


 

06_06/11◇端境期


最近は、テストとテストの間の時期で、ほんの少し余裕があります。
なので、4月からここまでをちょっと振り返ってみます。


<4月はじめ>
いきなり始まる解剖実習。
これがめちゃめちゃヘヴィ。
最初のうちは、「解剖」という行為自体がキツかった。
でも、数回で慣れた。
慣れとは、ある意味怖いな。

それと平行して、部活動での新入生を勧誘活動。
これが、またヘヴィ。
1年生が「お客様」なのに対し、2年生は最もこき使われる下っ端。
仕事が色々重なって、まともにやりたいことができないフラストレーションが
たまりにたまった。

そして、一月ももたないで、体調不良。
壊したこともなかった腸をやられた。
これが結構痛かった。
痛みのわかる医者になれるね!



<5月>
延々と続く解剖実習。
作業に慣れてきたころに、やっと気づいたことは、
作業以外の場で、勉強しなきゃならんことがいっぱいあるという事実。

気づくのが遅くて、勉強のやり方に試行錯誤していたら、
すっかり出遅れて、最初の試験の結果は思ったほど芳しくなかった。

解剖っていう、最も医者っぽいことの試験が
うまくいかなかったことと
4月に体調を崩した件も含めて、かなりへこんでた。
根性なしだからなぁ、俺。




<5月のおわり〜6月>
解剖実習を、充実したものにする方法をひねり出すことに成功。
ただし時間がかかる。

解剖をやってて、やりたい診療科リストにひとつ新しいものが増えた。
それは心臓外科。心臓とか血管とか、循環器のしかも外科。
外科むきの性格じゃないだろう、とか自分で思ってたんだけど、
心臓の構造とか、血管の走行とか面白くて、興味が出てきた。




次のテストは、7月はじめごろ〜終わりごろの約3週間。
これを乗り切れば、夏休みだ!
ほれ、あとひとふん張り、俺!

06_06/14◇杉山


ワールドカップが流行っているらしい。
サッカーにそれほど熱くない僕としては、日本が負けたことよりも、
杉山がフレンチオープンの決勝で負けたことのほうがショックで仕方が無い。
参照→http://www.asahi.com/sports/update/0611/254.html

まぁ、ダブルスは体力よりテクニック勝負だから、年を重ねても「うまく」むしろ「巧く」はなれるので、これからも期待できるけど、やっぱり優勝優勝は違うよね。

そしてナダルがフェデラを下す。
クレーコートの鬼。さすがだ。
あの左腕の太さは、なんだ?

えーっと、上腕二頭筋、上腕筋、烏口腕筋、上腕三頭筋、
尺側手根屈筋、長掌筋、円回内筋、橈側手根屈筋、
浅指屈筋、深指屈筋、長母指屈筋、方形回内筋
腕橈骨筋、長短の橈側手根伸筋、総指伸筋、小指伸筋、尺側手根伸筋、
回外筋、長母指外転筋、長母指伸筋、短母指伸筋、示指伸筋、
あとは、三角筋とか大円筋、小円筋、広背筋、大胸筋、あたりもかな、一応。


うん、やんでるな、おれ。
 


06_06/22◇ひとりごと


とうとう来たか。


>>体細胞を“万能”化 京大、卵子使わず世界初



これがどういう意味を持つのか。
どう利用するべきなのか、
どう利用しないべきなのか。

あらゆる技術は、その細分化と専門化が進む中で、
社会的コンセンサスが取れる前に、研究が進む。
これが最近の世の常。



こういった類のものは、ネットで初めて見るっていう時点で医学部生失格なのかもしれない。
医学雑誌とか、図書館でいくらでもあるのに、
まったく手が出ていない。
忙しさのせいにして。
まずいなぁと思いながら、缶チューハイを飲み干す自分に、
少し嫌気がして、眠ることを選ぶ。

 

06_06/25◇神のひきぎわ



http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/tennis/5113046.stm

よく頑張った。
ありがとう。
 

 

 

 

<一覧>

Reportにもどる
homeにもどる

(C) all rights reserved by Naomoto M.(2003_11/01-)
entrance of this site is here/禁止轉載