僕が医師になるまでの72ヶ月。
09年04月へ
09年06月へ

home>>Report / 医大潜入レポ>>僕が医師になるまでの72ヶ月。09年05月

 






 

 

 

僕が医師になるまでの72ヶ月。2009_05

09_05/05◇ホットデリスキー!

GWみなさんいかがおすごしでしょうか。
長蛇の高速道路の気分はいかがでしたか?
ども、GWも机の前から不動の直基です。


正確には動けない・・・かしら。
BSL(bed side learning)が始まってひと月が経ち、
一休みのGW。
なかなかいい位置取りで、休日がまとまってとれて、うれしかったです。

BSL自体は慣れてきたかななんて思っている。
だけど、やりたい勉強、やり残した勉強、いろいろあって、
GWもやっぱり机の前に座るのがメインの時間の使い方になりました。

まぁ、内心、それもいいかななんても思っているのだけれど。




そうそう、医師系ウェブサイトとして、
これは触れとかなきゃ、まずいかなと思うのは豚インフルエンザですか。

新型インフルエンザの一種として、4月下旬から世界規模で大騒ぎとなってますね。
正確にはもっと前から、くすぶっていたんでしょうけど。
まだ医療者半人前にもなれていない素人の僕の口から、適当なことは言えないけど、
まぁ、順当にいけばこのまま拡がる一方なんだろうなぁと思ってニュースを眺めています。

でもいくつか言いたいことも。

新型インフルエンザで、死者が出た!ってあわててるけど、
今までだって、季節性のインフルエンザをこじらせると、
人は死ぬことがあるんだよね。

いままで人類が経験したことがないタイプだから、
免疫を持っているヒトはゼロってところはやはり問題。
感染者数は今までのタイプのインフルエンザより増えるかもしれないけれど、
今のところ症状を見ると、強毒性をもっているわけじゃなさそうだから、
死ぬ確率は、同じくらいか、みんなが気をつける分低いのでは?
と思ったり。

強毒性を獲得してしまう可能性は、人獣共通感染症なら、高いのかもしれないけど、
ヒトだけで感染しているウイルスだって突然変異はあり得るだし、
そこを怖がっていても・・・。


ようするに、いまのところできるのは
うがい手洗いですね。
これ、マジで一番重要。
これだけで、かなり感染のリスク減るらしい。
逆にいえば、これぐらいしか予防の手立てはないんだけど。





あ、ちなみに、いま、僕が病院実習で回っているのは呼吸器内科・感染症科です。
そうですね、病院で一番ホットでリスキーな部門の一つかしら・・・。
もし豚インフルエンザに僕が罹っても、
ディスプレイの向こう側のあなたへは、感染しないからご安心を。



09_05/29◇おおいまいにち

病院を歩き回っていると、
当たり前なんだけど、病気の人ばかりで、
そしてその家族がいて、
みんなで、懸命に病気と闘っている。

患者さんやその家族をいろんな方向からサポートする人たちがいて、
その中で、役割のとして一端でしかない医師がいて。


治って帰っていく患者さんがいて、
いつまでも病院にいないといけない入院患者さんがいて、





最近、強く感じるのは
僕の家族や、友達や、いっぱいいる周りの人たちが
そして僕自身が、
なんで健康なんだろう?

ということ。


病気ってたぶん、実はすぐ隣にいて
なぜかそれを運よく回避してて、
それを幸せだと感じもせず、健康をあたりまえだと感じているんだろうって思う。


患者さんや家族は、自分の病気を受け止めて、
必至で戦っていたり。
じっくり、辛抱していたり。



すごいと思う。
医学以外のことを、学ぶことが多い毎日。


 



 

 

<一覧>

Reportにもどる
homeにもどる

(C) all rights reserved by Naomoto M.(2003_11/01-)
entrance of this site is here/禁止轉載